妊娠するということは一種の奇跡だと

コラム

妊娠するということは一種の奇跡だと思います。
子供ができるということは本当に嬉しいことですよね。
妊婦さんの検診ではエコーを使った検査をしますよね。順調に赤ちゃんが大きくなっているかを診る件さですが、男の子か、女の子かも分かりますよね。
胎児の性別を早く知りたいという人も多いと思います。
希望していた方の性別とは異なっていても残念に思うことはありません。
お腹を痛めて産んだ子は世界一可愛いです。妊娠中に運動するなら、マタニティスイミングがお勧めです。
ますますお腹の大きくなる妊娠8〜10ヶ月は、特に歩くことがきつくなってくるので、水の中での運動はとても気持ちがいいものです。もちろん、かかりつけ医師に相談してください。浮力で身体が軽くなり動きが楽です。みんな同じマタニティーママなので気持ちを共有することもでき、赤ちゃんを出産後、次はベビーのスイミングクラスでさらにお付き合いを広げる事ができます。
妊娠中はとにかくストレスを溜めないことが大切です。
ストレスが溜まってくると、イライラしてしまい大量に食べてしまったり冷静さを失って危ない行動に出たり、ゆったりと落ち着いた心持で過ごせなくなります。
そうなると、母体に負担がかかり、赤ちゃんにも悪影響を与える危険性があります。
出産は命がけで挑む、人生の一大イベントです。
過敏になりすぎるのも良くないですが、心身共にいい状態で産むことができるよう、ゆったりと心身を整えていきましょう。妊娠すると妊娠前と変わりなく元気だと思っている方もいますが、体はというと非常に疲れやすい状態になっています。
私は妊婦検診での経過は順調だったので妊娠16週目を過ぎて安定期に入ってから旅行の機会が何度かありましたが、妊娠前と同じというわけにはいきませんでした。散策を続けているとお腹が張ってしまうこともあったので、適度な休憩を入れながら普段よりのんびりめに過ごしました。また、旅行の事を医師に相談すると旅行自体は問題ないが日帰りではなく1泊でも宿泊の方が良いとのことでした。
妊婦さんは三食しっかり摂るようにしましょう。吐き気のあるつわりでは、食べてもすぐに吐いてしまうかもしれませんが、少量ずつ、お腹に入れるようにしましょう。
ところが何故か「どうしても食べたいもの」が、出てくることもあります。私は「氷」でした。
いつもガリガリ食べていた気がします。
食べれるときに、食べたいだけ食べましょう。
お産にも、子育てにもパワーが必要です。
気持ち悪くて食べる気にならない!と言わずに、しっかり食べるようにしましょう。
妊娠中は食べ物にも気を配りましょう。
ビタミンAを過剰に摂ると赤ちゃんが先天性奇形となるリスクが高まるそうで、レバーやウナギを私は控えました。
特に妊娠したばかりの、卵細胞の分裂が活発な時期は特に気にかけた方が良いようです。ビタミンAの含有率が高いウナギは妊娠中に摂ることができるビタミンAの限界量にほんの一口でたっしてしまう程でした。妊娠中は無理をしないようにまわりの人に助力してもらいながら穏やかに過ごしていただきたいです。家事に全力と尽くすとお腹に力を感じたり、仕事で力を入れすぎると体のコンディションが悪くなったり、精神的にも悪影響が出やすくなります。食事に関してはつわりで悩まされるときは食べようと思うものだけ食べ、罪作りな気持ちはもたないようにしてほしいのです。
わたしはつわりがヘビーでしたが、葉酸入りのサプリメントは、なんとか少し飲み続けるように決めました。
一番妊婦生活の中で大事なことはストレスなく穏やかに過ごすことです。しかしつわりはいやな気分にさせたり、体が思うように動かずイライラしてしまいがちです。
そんな気分を忘れるために、好きなものを食べに行ったり、赤ちゃんの物を見にショッピングして楽しんだり、晴れてる時はお散歩したりして母体と赤ちゃんに負担が掛からない程度に外に出かけてリフレッシュすることがいいです。

初妊娠の喜びのまますぐに仕事を辞めてし

コラム

初妊娠の喜びのまま、すぐに仕事を辞めてしまいました。辞めたはいいのですが、毎日暇を持て余すようになりました。
やる事が無く友達などと頻繁にランチに出て出費を増やしてしまい、体重が急に増えすぎと、検診で注意を受けました。
特につわりも酷くなく、元気に過ごせていたので適度に働きながら妊娠ライフを楽しめばよかったなと思いました。妊娠期間中は第一に妊婦さん本人がイライラしないことが赤ちゃんにとっても重要なことではないでしょうか。
初産は大きく変わった自分の身体や周囲の環境に戸惑うこともあり自覚がないうちにストレスが溜まるものだと思います。そんな中で、栄養や赤ちゃんのことを考えて健康のことを考えるのはもっともですが、過剰に普段の生活や食事を我慢することは逆に精神衛生上よろしくないような気がします。
まずはゆったりとした心持で過ごせることが大切だと思います。
妊娠期間中は何よりストレスを溜めないようにしましょう。ストレスをためてしまうと、イライラして暴飲暴食したり、冷静に物事を判断できず危ない行為をしたり心安らかに日々の生活ができなくなります。
そうなると、母体に負担がかかり、赤ちゃんにもよくない影響を及ぼす可能性があります。
出産は命がけの、人生の一大イベントです。神経質になりすぎるのもよくないですが、心身共にいい状態で産むことができるよう、穏やかな気持ちと身体を準備してきましょう。眠くなることも妊娠中はよくあることで、うっかり昼寝をしてしまいがちですが、たっぷり時間がありますので、昔ながらの保存食や漬物などを手をかけて作ってみましょう。妊娠すると血圧が上がることがあるので、野菜を多くとり予防に努めましょう。
買ったものの読まずに積み上げていた本を読んだり、水回りの掃除で気になる箇所をピカピカにしたり、普段はできないような掃除や調理で体を動かせば、体重管理にも一役買います。妊娠はとても素晴らしいことだと思います。
赤ちゃんができたということはとてもうれしいことですよね。
妊婦さんの検診ではエコーを使った検査をしますよね。
赤ちゃんが順調に育っているかを診るものですが、男の子か、女の子かも分かりますよね。胎児の性別を早く知りたいという人も多いと思います。
もし希望通りの性別でなくてもがっかりすることはありません。
お腹を痛めて産んだ子は世界一可愛いです。
絶えず船酔いのような気持ち悪さが続くつわり期間、つらいですよね。
症状や期間は人それぞれですが、自分の対処法を出来るだけ見つけましょう。
まずは、空腹になると気持ち悪さが増す、この時間帯は特につらいとパターンを把握しそれを防ぐ対策を立てる事ができます。仕事している方は仕事中少し休憩したい時もあるかも知れません。
安定期に入っていないため言いにくいかもしれませんが、誰か一人だけでも少しの配慮がしてもらえるよう妊娠中のことを伝えましょう。
妊娠線を作らないようにする為には太り過ぎを避ける他に、妊娠線予防クリームが大事だとよくいわれていますよね。
クリームを塗る際にあわせてマッサージをすることも忘れずに。
マッサージをすることで脂肪を柔らかくしておき少しでも妊娠線が出来ないようにすることも大切です。
その際たっぷりとクリームを手にとり、くるくると全体に馴染ませたあと、マッサージの向きを変えつつ塗り込むのがポイントです。
その際、掴めるところだけでいいので掴み揉みもしておきましょう。
妊娠中、経過が良好であれば、医師から軽い運動を勧められる事があります。
出産で使われるエネルギーはかなりのものなので、妊娠さんは体力作りを意識した生活をしましょう。
さらに、体重の増え方を緩やかにすることができます。
しかし、お腹の張りが頻繁に起こるなど安静第一でなければならない人は、主治医の指示に従って生活してください。間違っても、運動は妊婦検診の経過が問題ない人が行うものです。

切迫早産だった私が妊娠中に気をつけ

コラム

切迫早産だった私が妊娠中に気をつけた事は、身体を冷やさないようにという事でした。夏の暑い日でも靴下を履いて、足首を触ってみて冷たければレッグウォーマーも履いていました。
もちろん裸足にサンダルなどありえません。
冬には腰にカイロ、足先にもカイロを貼っていました。
暑い日、冷たい飲み物が欲しくなっても冷えていないものや暖かい飲み物ばかり飲んでいました。
妊娠の35週目に入ると、妊娠後期も半ばを過ぎ4週ほどで出産予定の時期になります。妊娠からこの頃までの身体は、受精した卵子を維持できるようにコントロールされていますが、今後は出産に対応できるよう、徐々に身体の目的が変化してくる時期になります。そのぶん身体に負担をかけてしまうと早産となる確率も高まります。妊娠が発覚してからつわりがとても辛かったことと、重労働な仕事だったため退職しました。
仕事を辞める人も中にはいると思いますが、重労働、体の負担にならなければ仕事を続けるのもアリだと思います。妊娠中は葉酸を取るためのサプリメントを飲むよう言われ、ずっと飲んでいました。さらに貧血体質だったので、病院でもらった鉄剤と、加えて鉄分の含有量が多い食材を食べるよう意識していました。友達から経験談として、妊娠すると妊娠線が出来ると聞いて、怖くなり色々と調べました。
保湿することが大切と知り、安定期を過ぎると日々必死で保湿クリームを塗っていました。
一日のうちに何度も塗り直すようにしていました。
出産するまでに何個ボディクリームを使ったのかも分からない程でした。
自分が好きな香りが付いたクリームを使い、リラックスすることもできました。お陰で二人出産しましたが妊娠線は全くありません。ホルモンバランスが変わるため、妊娠中は気持ちが不安定になりやすくなり、日頃よりリラックスできるよう工夫することが重要です。ですが、運動といい食事内容といい、妊婦さんにとって気を付けなければならない点が多く、結構大変ですよね。思いきって、クラシック音楽鑑賞やゆっくりと読書に励んでみてはいかがでしょうか。
ママが教養をつけることは赤ちゃんにいずれ教育をしていくための準備になります。
肩の力を抜いて、挑戦してみましょう。
妊娠している間は甘味を口にしたくなります。実際、これまで特に欲しいとも思わなかったケーキやシュークリームがやたらと欲しくなりました。
ただ体重管理も必要です。
きちんと運動したときだけ食べるようにしていました。体重管理と無事出産を迎えるため、毎日目標一万歩歩いていました。
しかし過度な運動も逆に早産などの可能性があるため無理は禁物です。
妊娠をすること、それは改めて奇跡と言えるんだと感じました。
これまでに二人の子供に恵まれているのですが、幸いどちらも妊娠したいと思ってすぐに授かり、そして自然妊娠でした。もちろん、これは当たり前ではないと思っています。妊娠から出産までは人によってばらばらですが、私もつわりに苦しめられ、また生まれ持っての体質だと言われていましたが、お腹の赤ちゃんがとても小さく、自宅安静を余儀なくされ、不安な日々を送っていました。
妊娠すればよいということではなく、ちゃんと産まれるまで、気は抜けないなと思っています。妊娠中に守らなければいけないことがいくつかあります。
季節を問わず、とにかくお腹を冷やさないこと、高いところの物や重い物を持ったりしないこと。運動はほどほどを心がけ、全力で走ったりは避けること、早寝早起きをして健康的な生活リズムを作ること。全部妊婦さんは誰もが注意されることだが、一番言ってもらってよかったと思うことはこれである。
産まれる前から、赤ちゃんに優しい言葉をかけてあげること。
優しい言葉をかければ優しい子に育っていく、産んでからもこの言葉の重さを実感する毎日である

マタニティーママさんはちゃんと食べるようにし

コラム

マタニティーママさんはちゃんと食べるようにしましょう。
食べたくても気持ち悪くて食べられないママもいるでしょうが、少しづつでも良いですから、食べましょう。
不思議なことですが「とても食べたくなるもの」が、現れるのです。私は「氷」がそれでした。
いつもガリガリ食べていた気がします。食べたいものを、好きなように食べましょう。
パワーを付けなければ、お産も子育ても大変です。
気持ち悪くて食べる気にならない!と言わずに、しっかり食べましょう。妊娠中はとにかくストレスを溜めないことが大切です。
ストレスがたまるとついついヤケ食いをしてしまったり、冷静な判断ができず危険な行動に出たり、ゆったりと落ち着いた心持で過ごせなくなります。
すると、母体に余計な負担をかけることになり、赤ちゃんにもよくない影響を及ぼす可能性があります。出産は人生の中で大きなイベントであり、命がけでもあります。神経質になる必要はありませんが、いい状態で出産にのぞめるよう、穏やかな気持ちと身体を準備してきましょう。
妊娠中に注意することは、まずストレスを溜めないことです。ストレスが溜まると、発散のために暴飲暴食したり、冷静さを保てず危険な行動をしたり穏やかな気持ちで過ごせなくなります。
そうなると、お母さんの体に負担がかかり、赤ちゃんにも悪影響を与える危険性があります。出産は命がけで挑む、人生の一大イベントです。
あまりナーバスになってもいいことはないですが、いい状態で出産にのぞめるよう、リラックスした気持ちと身体を整えてきましょう。妊娠中は、とても疲れやすくなっています。日常の家事仕事でも大変な労働力を要するようになり呼吸もままならないほどになる場合があります。
無理はせず、こまめに休息を取る事が大切です。さらに気に留めておいて欲しいのは、妊娠中は脳貧血を非常に起こしやすい状態だということです。
寝ている状態から起き上がる時など、通常は意識せずに行っていた些細な動作で、くらりとめまいがすることがあります。
これは妊娠したことで血流がベビーのいるお腹に集中する為に引き起こされるもので、よくある現象です。
意図的に動作をのんびりゆっくりと行い、もしも脳貧血を起こしてしまったらその場で横になるか、無理な場合は座り、落ち着くのを待ちましょう。
私は40歳近くの割と高齢での出産だったので、助産師さんや先輩ママさんをはじめ、多くの方からアドバイスを頂きました。体重が若干基準値を超えていたので、とにかく体重管理は気を付けるよう言われました。
しかしあいにく、食べていないと気持ちが悪くなる、食べづわりだったので、いつも何かを口に入れていました。体重はあっという間に20キロ近く増え、足はむくみっぱなしになり、妊娠中毒で入院しかかった、ダメな妊婦でした。
でも、産気づいてからは1時間足らずで産まれたので、結果としては妊婦として合格点だったと思っています。切迫早産になり私が特に注意していた事は、とにかく体を冷やさない事です。暑い夏でも必ず靴下を履き、足首を触ってみて冷たければレッグウォーマーも履いていました。
素足にサンダルなんて以ての外です。
冬場には腰にカイロを貼り、つま先にもカイロ装着でした。
夏によく冷えた飲み物が飲みたくなっても常温の飲み物や、暖かい飲み物ばかり飲んでいました。赤ちゃんを授かりたいなら、基礎体温をまずしっかり測り、自分の月経サイクルを知る事が必要です。
排卵のタイミングに合わせて夫婦生活を行うことで、通常よりも妊娠しやすくなります。しばらく実践しても授からない場合には、ご主人とよく話し合った上で、お互いに妊娠可能な体なのか、不妊の原因となるものはないか。そのことを専門クリニックなどでしっかりと調べて貰うことが解決策の一つですね。妊娠している間はとにかく肥えやすくなります。
この前、夫婦二人きり最後の旅行に出て、全力でハメを外し、美味しいものも大量に食べました。家へ戻ってくると、旅行前よりも3キロも体重が増えています。
2日でここまで太ったのは人生初かもしれません。妊娠前は食べ過ぎても翌日食事制限をすれば簡単に戻りましたが、妊娠中はそうではありませんでした。
ご飯を食べなくても痩せないのです。
栄養を取りながら体重管理をするのは苦労しますが、赤ちゃんのために頑張っていこうと思います。