私は40歳直前での高齢出産だったの

コラム

私は40歳直前での高齢出産だったので、病院の先生方や友人のママさんから、いろんなことを教えていただきました。体重が若干基準値を超えていたので、体重をきっちり管理するよう言われました。
にもかかわらず、何かを口にしていないと気持ち悪くなる、いわゆる食べづわりだったので、常に何かを食べていました。
あっという間に20キロ近く増加し、足は象のようにむくみ、妊娠中毒で入院しかかった、ダメな妊婦でした。ですが、出産自体は1時間ほどですんなりと産まれましたので、結果的には優良妊婦だと自負しています。
妊娠期間中は無性に甘いものが欲しくなります。
実際今まで全く興味がなかったパフェやアイスクリームが無性に食べたくなりました。
ただ体重管理も必要です。きちんと運動したときだけ食べるようにしていました。
体重の維持と無事に出産できるように毎日目標一万歩を守って歩いていました。しかし過度な運動も逆に早産などの可能性を高めるため、ほどほどにしましょう。妊娠している間一番大事なことは穏やかにストレスなく過ごすことです。
でもつわりで気分がブルーになったり、体が思うようにいかないので怒りっぽくなりがちです。
気分転換のために、外食して、美味しいもの食べに行ったりショッピングで赤ちゃん用品を揃えたり、お天気の日は散歩がてら外出したり体が負担を感じない程度に外出して気分を落ち着かせることがいいです。
妊娠している間は、まずはお母さん本人がイライラしないようにすることが胎児にとっても重要だと思います。
それが1人目の子なら特に自分の体の変化や生活環境に慣れず、自覚がないうちにストレスが溜まるものだと思います。そんなときに、栄養のことや赤ちゃんの為を考えて健康に気遣うのは当然のことですが、行動や食事を極端に我慢したり制限することは精神的に負担になっていいことは無いと思います。
ゆったりとした気持ちで過ごすのが一番だと思います。妊娠中に気をつけることは、とにかくストレスをためないことです。
ストレスが溜まってくると、イライラしてしまい大量に食べてしまったり冷静になれず危ない行動をしてしまったり、ゆったりとした気持ちで過ごせなくなります。
そうなると、お母さんの体に負担がかかり、赤ちゃんにも悪影響を与える危険性があります。
命がけの人生の一大イベント、それが出産です。過敏になりすぎるのも良くないですが、心身共にいい状態で産むことができるよう、リラックスできる態勢を作っていきましょう。
船酔いや二日酔いのように四六時中気持ち悪いつわりの症状、辛いものですよね。症状や期間は人によりますが、対処法も出来るだけ自分にあったものを探すようにしましょう。
最初に、空腹時に吐き気が増す、特に辛い時間帯がある、などパターンを探し出すことで対処が可能になることがあります。お仕事をされているママは、どうしても仕事中は少しだけ休憩したい時も出てくるでしょう。
まだ安定期に入らず言いにくいでしょうが、少し配慮してもらえるように誰か一人でも構わないので妊娠中だと伝えておくほうがいいでしょう。妊娠、それはやはり奇跡と言えるんだと感じました。
私には2人の子供がいるのですがどちらも望んですぐに授かり、そして自然妊娠でした。
このことは非常にありがたいことだと思っています。妊娠から出産までは人によってばらばらですが、私もつわりを経験し、また、体質によるものと言われましたが、赤ちゃんの成長が遅く、自宅で安静にするよう言われ、不安な日々を送っていました。
妊娠すればよいということではなく、ちゃんと産まれるまで、安心はできないかな、と思っています。
妊娠中であってもパートナーと愛のコミュニケーションを営みたいですね。
妊娠中に全くできないということはありません。とはいえ、妊娠初期・安定期前や、出産予定日間近は避けましょう。
妊娠して間もない時期や安定期の前は流産の危険性が高く、予定日間近は体に大きな負担がかかります。
体調が良く検診で以上がなければ問題ないといわれています。無理なくゆっくりお互いを感じ合うことは愛を育むために大切な時間です。