妊娠当初のつわりの度合いは人により異

コラム

妊娠当初のつわりの度合いは人により異なるそうですが私の場合は食べづわりになり、食べるのを止めると気持ちが悪くなっていました。
脂っこいものや甘いものは見ただけで気持ちが悪くなりました。
唯一食べられるのはスナック菓子とトマト、パンケーキだけでした。
その他の物は食べても気分が悪くなり、結局吐いてしまうことが多かったです。
このような食生活で十分な栄養が取れているか心配でしたが、妊娠の初めの頃はあまり栄養を取らなくても問題無いので無理なく食べられるものを食べていればよいということ。早くこのしんどさが消えてほしいと毎日願っていました。妊娠初期のつわりの影響で、食べることが難しい人がいると思う。それでも栄養は取らなければ、赤ちゃんは育たないので、口にしやすいおじややゼリーなどを食べれればいいと思う。
食べ物を受け付けなくても水分補給は必ずとることが大事である。つわりがないからと赤ちゃんの分までも食べれるといって満腹以上に食べるのもよくない。妊娠高血圧や妊娠糖尿病になる可能性もある。
バランスのいい食事法をすることが大事であり、また調子がいい時は散歩などの適度な運動をすることが赤ちゃんにも母体にも大切なことである。妊娠中は、まずストレスを溜めないことを第一にしましょう。
ストレスが溜まると、発散のために暴飲暴食したり、冷静さを保てず危険な行動をしたり心安らかに日々の生活ができなくなります。
そうなると、お母さんの体に負担がかかり、赤ちゃんにも悪影響を与える危険性があります。
出産は命がけの、人生の一大イベントです。
あまり神経質になりすぎるのもよくないですが、穏やかに出産当日を迎えられるよう、穏やかな気持ちと身体を準備してきましょう。妊娠中は眠くなるので、うっかり昼寝をしてしまいがちですが、時間はたっぷりとあるので、昔ながらの保存食や漬物などを手をかけて作ってみましょう。妊娠すると血圧が上がることがあるので、予防効果のある野菜を多めにとってください。積み重ねたままになっていた本を読んだり、水回りの気になる汚れを徹底的に落としたり、普段はできないような掃除や調理で体を動かせば、体重も増えすぎることがありません。
切迫早産での入院生活は、基本的に絶対安静です。
いつも点滴は付けたまま、食事と入浴、手洗いを除けばベッドから降りれません。この点滴(ウテメリン)には副作用が報告されており、手が震えたり、動悸・息切れが出たりとしんどいものでした。
少しずつマシにはなっていくのですが…。
入院中は全くと言っていいほどすることがなく、大人の塗り絵やナンプレといった手先でできることでなんとか時間を潰してました。
妊娠されているうちは頑張り過ぎないように近くの人にサポートしてもらいながら自分のペースで過ごしてください。
家の事に尽力しすぎるとお腹の辺りに緊張が走ったり仕事で力を入れすぎると体のコンディションが悪くなったり、メンタル面にもその影響が出てきます。食事はつわりでひどいときには食べられるものを食べ、それは気にしないようにしてほしいです。
わたしはつわりがひどかったのですが、葉酸入りのサプリメントは、なんとか少し飲み続けるように決めました。妊娠期間中は無性に甘いものが欲しくなります。
実際今まで全く興味がなかったケーキやシュークリームが毎日でも食べたくなりました。
ただ体重が増えすぎるのも禁物です。
太らないようにウォーキングをしたら食べるようにしていました。体重管理の為と安産の為に、毎日一万歩を目標にして歩いていました。
しかし過度な運動も逆に早産などのリスクを高めるため、無理は禁物です。
妊娠中は非常に太りやすくなります。この前、二人きり最後の記念に旅行し、思いっきり楽しみ、美味しいものも大量に食べました。家へ帰ってきたら出発前より3kgも体重が増えていました。
わずか2日でここまで太るとは思っていませんでした。妊娠前は食べ過ぎても次の日に食べる量を抑えたら簡単に戻っていましたが、妊娠中はそうはいきません。
食べなくても痩せることはないのです。
必要な栄養を取りながら体重を管理するのは苦労しますが、赤ちゃんの為に頑張らなければなりません。