妊娠中はホルモンに変化が起こるため精神

コラム

妊娠中はホルモンに変化が起こるため精神が不安定になりがちで、定期的に心を落ち着かせる時間を取ることが大切です。
しかし、運動や食事は妊婦さんにとって気を配るべきことが多く、それだけで大変ですよね。
思いきって、クラシック音楽鑑賞や読書にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
ママが教養をつけることは産まれてくる子供への教育の準備になります。肩肘張らずにトライしてみませんか。
妊娠するということは一種の奇跡だと思います。赤ちゃんを授かったことは非常に嬉しいことだと思います。妊婦さんの検診ではエコーを使った検査をしますよね。赤ちゃんが順調に育っているかを診るものですが、赤ちゃんの性別もわかりますよね。赤ちゃんの性別が気になるというかたは多いと思います。
希望していた方の性別とは異なっていても肩を落とさないでくださいね。我が子に対面すると世界一可愛いと感じられます。23週で子宮頸管無力症と診断され、24週でシロッカー手術をし自宅安静中のただいま34週に入りました。
正産期はまだ少し先ですが赤ちゃんも2000グラムと順調に成長してくれていて、まだ早産のリスクが消えたわけではないですが、産休をもらい、穏やかに過ごさせてもらっています。ネットを見ていると同じく切迫早産やシロッカー手術された方のお話で勇気付けられています。このまま無事に元気な赤ちゃんを産めるよう、残り一カ月弱の妊娠生活を満喫したいと思います。妊娠している間の体重管理はけっこう大変です。
食欲が出てこなくなる悪祖の人もいたり、食欲がかなり増してくるタイプの悪祖もあります。
予期せず体重の増加が早くなってしまったとき、自分の家でも手間取らず出来ることがあります。
その方法とは、お風呂で体をじんわり温めながら足の指から関節と言う関節を右に10回、左に10回と回す事です。こうする事で滞りがちなリンパの流れが良くなり体重が増えにくくなります。
我慢できずに甘いものが食べたくなったら寒天ゼリーやおから入りのツイーツを自分でこしらえて食べることがお勧めです。
妊娠中に注意することは、まずストレスを溜めないことです。ストレスを溜めてしまうとイライラから暴飲暴食をしてしまったり、冷静さを保てず危険な行動をしたりゆとりを持って日々を過ごせなくなります。すると、母体に負担がかかることになり、更に胎児にも悪影響を与える可能性があります。出産は人生の中で大きなイベントであり、命がけでもあります。あまりナーバスになってもいいことはないですが、心身共にいい状態で産むことができるよう、リラックスした気持ちと身体を整えてきましょう。
妊娠中に意識すべき点はいくつかあります。
季節関係なく、お腹を冷やさないこと、重い荷物を担いだり、棚の上などに手を伸ばさないこと程ほどの運動は良いが思いっきり走ったりしないこと、朝寝坊、夜更かしを控えて生活リズムを整えること。全部妊婦さんは誰もが注意されることだが、やはり一番ためになったのはこれだと思う。産まれてくる赤ちゃんに、優しい言葉をかけ続けてあげること。
優しくされた子は優しい子に、冷たくされた子は冷たいこになるこの言葉は産後もずっと忘れてはならないものである妊娠している間は甘味を口にしたくなります。
実際今まで全く興味がなかったパフェやアイスクリームが毎日でも食べたくなりました。ただ、体重もちゃんと管理する必要があります。太らないようにウォーキングをしたら食べるようにしていました。体重の維持と無事に出産できるように毎日目標一万歩歩いていました。
ですが歩きすぎも体に負担をかける可能性があるため無理は禁物です。
妊娠中はホルモンの関係で精神が不安定になりがちで、意識的にリラックスするための時間を作ることが必要です。けれど、運動から食事まで、この頃のお母さんにとって注意すべき点が多く、中々難しいですよね。
そんなときは、クラシック音楽を聞いてみたり、ゆっくりと読書に励んでみてはいかがでしょうか。この期間に教養を付けておけば将来赤ちゃんにいろんなことを教えるために有効です。
肩の力を抜いて、挑戦してみましょう。